鳩、鳥害対策

HOME > 鳩、鳥害対策

鳩、鳥害対策

 

P9220013.jpg

今、問題となっている鳥インフルエンザは野鳥が運んでいると見解がある。

 

養鶏場、養豚場、牛舎、飼料工場など鳥類の寄ってくる環境になっています。

鳥よけネットや止れないようにしても根本的な解決にはなりませんが、畜体や施設には近寄らせない

ようにしているのが現状です。

ネットの貼り方が悪く逆に悪化し鳥類が増えてるというケースもあります。

素材、施工環境によって対処法を変え確実な工事をしていただきたいです。

 

そこで 防除研究所ではネット工事施工を請負、ネット資材販売、捕獲、飛来防止工事を実施

(ハ、カラス、ムクドリ、サギ、カモ、スズメ、セキレイなどの野鳥)

 

【防研式捕獲トラップ】

P8310007.jpg

おとりを入れ確実に捕獲(※1回に10羽以上捕獲も可能)

 

P1110382.jpg

←ネット設置・

      SUSプロテクター設置→

P1110380.jpg

ネット取付仕様(通常5年間)

(除糞ピット2年間保証)

P9220009.jpgプロテクター(5年間保証)

 

詳しくは 鳥インフルエンザ対策チーム

防除研究所 畜産事業部まで   0120-51-7231 まで

 

鳥インフルエンザ【英語Avian influenza, Avian flu, bird flu)とは、A型インフルエンザウイルスが鳥類に感染して起きる鳥類の感染症である。

鳥インフルエンザウイルスは、野生の水禽類(アヒルなどのカモ類)を自然宿主として存在しており、若鳥に20%の感染が見出されることもある[要出典]。水禽類の腸管で増殖し、鳥間では(水中の)フンを媒介に感染する。水禽類では感染しても宿主は発症しない。

家禽類のニワトリ・ウズラ、七面鳥等に感染すると非常に高い病原性をもたらすものがあり、そのタイプを高病原性鳥インフルエンザと呼ぶ。現在、世界的に養鶏産業の脅威となっているのはこのウイルスである。このうちH5N1型ウイルスと家禽と接触した人間への感染、発病が報告されている(但し、感染者はヒト型とトリ型のインフルエンザウイルスに対するレセプターを有していた。いまのところ、一般の人に感染する危険性はきわめて低い)。ヒトインフルエンザウイルスと混じり合い、人間の間で感染する能力を持つウイルスが生まれることが懸念されている。 将来、それが爆発的感染になりうる可能性がある。

(注:上記のとおり、鳥インフルエンザとは、文字通り鳥のインフルエンザであり、一般の人が感染するインフルエンザとは別物である)

【営業エリア】
岐阜県/大垣市/岐阜市/安八町/養老町/海津町/輪之内町/平田町/池田町/神戸町/揖斐川町/大野町/瑞穂市/墨俣町/本巣町/巣南町/岐南町/各務ヶ原市/山縣市/笠松町/愛知県/一宮市/滋賀県/長浜市/彦根市/虎姫町/湖北町/浅井町/東近江市/福井県/福井市/三重県/四日市/いなべ市/桑名市/鈴鹿市/東京都/大阪/名古屋/京都/奈良/和歌山/兵庫県/神戸市/岡山県/広島県/山口県/福岡県/大分県/別府市/杵築市/日出町/佐賀県 /長崎県/熊本県/鹿児島県/愛媛県/香川県/徳島県/静岡県/茨城県/つくば市/群馬県/埼玉県/千葉県/新潟県/山梨県/長野県/山形県/秋田県/岩手県/青森県/宮城県/北海道