ハクビシンとは

HOME > ハクビシンとは

ハクビシンとは

日本に生息する唯一のジャコウネコ科の動物がハクビシンです。
額から鼻にかけて白い線があるのが特徴で、他にも頬や耳の下あたりが白くなっています。

主に東南アジアから中国を中心に生息し、体長は約50cm、尾の長さは約40cm、体重は2?3kg程度で、オスのほうがメスよりひと回り大きくなっています。
糖度の高い果実を好むことから、果樹園の被害が多いのですが、生ゴミなどのエサを求めて郊外に現れるようになりました。

では、ハクビシンをどうやって退治したらよいのでしょうか。
まずは捕獲器で捕獲することです。ハクビシンは鳥獣保護法で保護されていますが、農作物や生活被害を発生させている個体に限り、自治体の許可を受けたうえで捕獲出来ます。詳細は自治体に問い合わせましょう。

続いて、ニオイの出る忌避剤で追い払います。ニオイの出る害獣用(イノシシ・イタチ・ノライヌ・ノラネコなど)忌避剤が代用で可能です。害虫駆除用のくん煙剤も追い出し効果の期待が出来ます。

また、フェンスで侵入を防ぐことも大事です。フェンスの下をくぐられる場合は、ネットを地面に張って防止ししましょう。フェンスを設置する場合は、電気柵を併用するとより効果的になります。

ハクビシンの何でも登る特徴を利用して、フェンスの上に登ると電線が当たるように設置するとよいでしょう。

また、電気柵をフェンスの10cm程手前に、高さ10?15cm程の位置に電線を引くと、隙間を探すためにフェンスの手前で止まったハクビシンに電線が当たりやすくなるようです。

【営業エリア】
岐阜県/大垣市/岐阜市/安八町/養老町/海津町/輪之内町/平田町/池田町/神戸町/揖斐川町/大野町/瑞穂市/墨俣町/本巣町/巣南町/岐南町/各務ヶ原市/山縣市/笠松町/愛知県/一宮市/滋賀県/長浜市/彦根市/虎姫町/湖北町/浅井町/東近江市/福井県/福井市/三重県/四日市/いなべ市/桑名市/鈴鹿市/東京都/大阪/名古屋/京都/奈良/和歌山/兵庫県/神戸市/岡山県/広島県/山口県/福岡県/大分県/別府市/杵築市/日出町/佐賀県 /長崎県/熊本県/鹿児島県/愛媛県/香川県/徳島県/静岡県/茨城県/つくば市/群馬県/埼玉県/千葉県/新潟県/山梨県/長野県/山形県/秋田県/岩手県/青森県/宮城県/北海道