環境にやさしいネズミ、害虫、害獣害鳥駆除 防除研究所 駆除の達人 梅木厚夫

  • del.icio.usに追加
  • livedoor クリップへ追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロンドンのスーパーラットを駆除して1年 サムライバスターズ

2018年11月29日  カテゴリー:ネズミの駆除 , 防除研究所

 去年の今頃は、ロンドンへ行っていました。

食品化工場のスーパーラットを駆除を目的に10日間 テレビ取材(テレビ東京 サムライバスターズ)

スタッフを2人私を合わせて3人で工場内のネズミを日本の技術で駆除する

行ってみると定期的にレントキル(世界的大手PCO)が管理をしていました。

ネズミはブラウンラット(ドブネズミ)でかなり大きい(猫くらいある)

いつものようにインスペクションから始め、定点カメラで連日モニタリングを行いました。

カメラを確認していると1頭のでかいネズミが毎日、カメラに映っていました。

会社責任者、現場責任者、スタッフに聞いてみると業者(レントキル)が定期的にベイトボックス

に毒エサを入れていてかなりネズミは駆除できているが、最後、1頭だけどうしても駆除できない。

たまに目視でも大きなネズミを見ることもある。食品を扱っているので何とかは捕まえたいと・・・

ニホンのサムライ(ボウケン)が立ち上がり駆除大作戦を行いました。

広い工場でのネズミ駆除は、調査、ネズミの動線をしっかり把握しなければ時間がかかって結果が

出ないことになります。

3日間のデーターを検証し環境に合わせたトラップ(ホームセンターなどのに買出し)の製作に

取り掛かった。5つのトラップ センサー式捕獲器 木で作ったトラップ、樹脂で作ったトラップなど

を各所に配置した。

 

つづきは明日