環境にやさしいネズミ、害虫、害獣害鳥駆除 防除研究所 駆除の達人 梅木厚夫

  • del.icio.usに追加
  • livedoor クリップへ追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

害獣たちの今の動向 

2017年10月06日  カテゴリー:防除研究所

 DSCF5218.JPG

10月に入り気温も一気に下がりましたね。

ボウケンでは衣替えをし、冬に向けての準備をしています。

各地では、有害獣(アライグマ、ハクビシン、イタチ)ネズミが活発に動き始めています。

人間も寒くなれば暖かいところで暖かい布団で寝ます。

害獣もそれと同じで暖かいところをねぐらにするのです。

一番狙われやすいのが住宅の天井裏ですよね・・・

でも今の時期は、どこにするかねぐら候補を転々としそこで最高の場所を自分の寝床にする。

最近の傾向は、昨日は音がしたが今日はしない 3日後にまたした。など週に3回、4回など入ってくる

事も多い。どこに本巣にするかで何もしなくて治まる住宅もあるのだ。

それを見極めお客様に説明します。

でも言える事はここ数年で害獣での住宅被害は増えています。

イノシシ、鹿、サルなどの農作物被害も深刻化している今、私たちはもっと頑張らないといけない。

 

 

 


  • del.icio.usに追加
  • livedoor クリップへ追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分と害獣

2017年10月04日  カテゴリー:いたち駆除 , 防除研究所

 いつもテレビでやっているようなことを毎日行っているの  のよく聞かれます。

毎日はそういう場面に当たらないので静かに駆除をすることが多いです。

私たちの仕事は、環境を考え、コントロールする仕事です。

害獣は捕まった時、私にうったえている目を見るとやるせない時もあります。

これからも害獣とは戦っていかなければなりません。

害獣駆除をする志へと害獣に対する感謝、謝罪の気持ちも常に持って行わなければなりません。

IMGP0018.JPG

 


  • del.icio.usに追加
  • livedoor クリップへ追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2318.JPG

 連日テレビ放送、撮影が続いています

私は今週は関東で会議に出席し、喝を入れています。

9月度の反省と改善を明確にし、10月はもっと良くなる目標設定をしました。

細かい事から仕事への向き合い方など・・・伝わってくれればうれしいですが

 


  • del.icio.usに追加
  • livedoor クリップへ追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ出演!日テレ いたー!ヤバい生き物 危険生物とバトル

2017年10月01日  カテゴリー:防除研究所

ボウケンテレビ出演します。

 

 いたー!ヤバい生き物 キケン生物と大バトル

Date

2017年10月1日(日)13:15?14:15

出演者

【ナレーション】
松本梨香、あおい洋一郎

番組概要

いたー!飛ぶ!刺す!かみつく!まき散らす!ヤバい生き物!
人間VSキケン生物の大バトルが勃発。
さらに、キケン生物が、一年に一度の大量発生。
その貴重な瞬間を取材中、キケン生物に囲まれディレクターは大ピンチ!
カメラがとらえた、キケン生物の衝撃バトルでは、人間顔負け?!
「やられたら、やり返す!!」
勝つのはどっちだ?

 

番組内容

近年、人間社会に猛威をふるう生物たち。
あなたの身のまわりにいる意外な「危ない」「凶暴」「迷惑」生物とは?

毎年、スズメバチによる死傷事故があとをたたない。
番組では、その駆除をする専門の業者に密着。
“巨大ハチの巣”にどう挑むのか?しかし、スズメバチも黙ってはいない・・・

農林水産省によれば、野生鳥獣による農作物の被害額は、200億円に近い。
収穫の秋を前に、荒らされた田んぼに、カメラを仕掛けると、
深夜、そこに姿を現したのは、イノシシの家族。
そこで、イノシシがとった驚きの行動とは?

また、アライグマは、愛らしい見た目とは裏腹に、気性は荒い。
今回、駆除業者が、アライグマ撃退のため、仕込んだワナには、
アライグマの好きな意外な食べ物が!
そして、その食べ物をめぐって、他の生き物と大バトル。

都会のビル街には、ひっそりと隠れながら、フンをまき散らすコウモリの群れ。
マイクロカメラが見た、奇妙な世界とは?


  • del.icio.usに追加
  • livedoor クリップへ追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安全環境

2017年09月28日  カテゴリー:防除研究所

 

RIMG1584.JPG

2日間関西営業所の応援で兵庫県赤穂市に行きました。

工場の汚れで真っ黒になり作業をしているとふと思いました。

これだけ汚れているとスタッフにも健康被害がないのか・・・・

(マスク、ゴーグルは着用義務この工場)

私たちもマスク、ゴーグルを着用し対策はしていましたが、マスクは半日で交換する状態

高所作業車を使用し天井作業でしたが粉塵は下部まで散乱しています。

まだまだ仕事環境の悪い中で毎日働いている人がたくさんいます。

作業性は悪くなりますが、安全対策はこれからもどんどん厳しくなってくるでしょう。

私も作業をしながらこれから必要なことを学びました。

安全作業と最高の技術で勝負したい